健  骨  堂

  HOME   メニュー   院長プロフィール    オステオパシーとは?    オステオパシーのテクニック
    活法整体とは?    症例紹介    ご案内    リンク    在宅・訪問マッサージ

                           

症      例


A・I さん(10歳・男)

足趾打撲後の激痛

 10日前に右足小趾を打撲し、かなりの痛みがあった
 ため骨折を疑い整形外科にてレントゲンを撮るが、
骨には異常
は認められなかった。
  その後も痛みがひどく治る気配がないので、当院に来
院された
  痛みのある箇所を丹念に探り圧痛点を見つけてストレ
イン&カウンターストレインで治療を行った
  治療後も痛みは変わらなかったが圧痛点の痛みは軽
  減していたので、1〜2日ほど様子をみるように伝えて
治療を終えた
    その日は就寝するまで痛みは変わらなかったらしいが、
翌日の朝になるとほとんど痛みは消失していた
   治療時の痛み具合からして、これほど劇的に治った事
にこちらも正直驚いたくらいである


S・U さん(40歳・男)

3日間止まらないしゃっくり

   以前から時々通って来られている患者さんで、この時
    は「3日前からしゃっくりがとまらなくて苦しい」と来院さ
れた

    横隔膜を緩めたり頚椎の治療をしてもしゃっくりは止ま
     ってくれない・・・しかし、ちょうどフライマンD.Oの頭蓋セ
    ミナーに出席して側頭骨の調整で呼吸が回復する(横
     隔膜が緩む)というファーザー トム テクニックを習った

直後でもあったので、それを行ってみた
     ファーザー トム テクニックをしばらくやっていると、だん
      だんと横隔膜がリリースされてきて、しゃっくりが止まった
     治療が終了すると、あれほど苦しんだしゃっくりが見事
に止まっていた

その後もしゃっくりは再発していない

       これ以降、数人しゃっくりが止まりにくい方の治療をした
      が、このテクニックはいつも素晴らしい効果を挙げてくれ
ている


      このファーザー トム テクニックは私のお気に入り(笑)と
       なり、呼吸を深く回復させたい時にはなくてはならないテク
ニックの一つとなった


M・S さん(40歳・女)

副鼻腔炎手術後の炎症・痛みの改善

  耳鼻科で右副鼻腔炎の手術(鼻腔から入れた針で骨
  を破り、膿を吸い出して洗浄する日帰り手術)を受け
  て以来、右頬の辺りが痛み4ヶ月ほどすると疼くように
   なり、痛み止めを服用してもまったく効かなくなったた
め、来院
された
   触診すると、顔面部特に右頬骨部に強度の圧縮があ
  ったので、ストレイン&カウンターストレインを施した

   組織の寛解が得られたので、次に硬口蓋の治療を行
った

   上顎骨・鋤骨ともに右方向に強い緊張があり、顔面は
  上部は左へ、下部は右へと極度な捩れが起きていた
  それらを調整して最後に左右の頬骨の動きを合わせ
て治療を終えた
   治療後は痛みが治まり、翌日から5日間ほど血が混じ
   ったような痰が出て、それ以降は完全に痛みも鼻づま
りも治癒した